パワーステアリングリビルド(特殊な例)

2020年11月24日更新

シボレータホのパワーステアリングギヤーボックスを

リビルドしたのですが、特殊な例だったんです。

フォード、ダッジ、シボレー、新旧問わず

普通の故障って言い方もへんですが、今回のは

本当に「へん」だったんですね。

何回修理しても数週間で壊れてしまう、

直らな故障。

ASSYで交換をとアドバイスを受けたけど

ギヤーボックスは恐ろしく高価!!

たかが22年間くらいで摩耗が限度に達してしまう

物なのか?走行数だって12マンマイルだぞ。

まだまだ1998年で12万マイルじゃ慣らしが

済んだ頃だろって感じです。

まぁASSY交換してしまうのが簡単で良いんだ

ろうけど出費を考えるとオーナーは堪ったもんじゃない。

なので絶対とは言い切りませんが、リビルドできる

かどうかオフビーグルして分解点検を行った分けです。

シボレー、タホ、パワーステアリングギヤーボックス、1998年