愛車診断の点検内容

愛車診断の点検内容
~ Inspection contents

フロント周り
フロントブレーキ ・ブレーキペダルの踏みしろ
・ブレーキパイプの錆び、干渉
・ブレーキパットの残量、取り付け状態
・ブレーキローター&ドラムの磨耗、変形など
・ブレーキホースの硬化、ひび割れ、干渉
・ABS装着車の場合、配線の切れ、干渉
フロントアクスル ・ハブベアリングのがたつき
・回転させた時の異音チェック
・ハブキャップの状態 
・コントロールアームUPボールジョイントのがたつき、
ダストブーツの切れなど 
・コントロールアームUPブッシュのひび割れ、磨耗 
・コントーロルアームLOWボールジョイントのがたつき、
ダストブーツの切れなど 
・コントロールアームLOWブッシュのひび割れ、磨耗
フロントデフ ・オイル漏れ
・ブッシュの異常
・取り付け不良
・ギヤーオイル量
・フロントドライブアクスルシャフトブーツの切れ、
グリスのはみ出し
サスペンション ・コイルスプリングの状態、へたり、曲がり
・ショックアブソバーの状態、オイル漏れ、取り付け部分ブッシュの異常
ステアリング
リンケージ
・ステアリングコラムの異常
・ステアリングギヤーボックスの状態、オイル漏れ、取り付けの緩み
・ピットマンアームの状態、ボールジョイント部分のガタつき、取り付けの緩み
・アイドラアームの状態、ボールジョイント部分のガタつき、取り付けの緩み
・ドラックリンクの状態、ボールジョイント部分のガタつき、取り付けの緩み
・タイロッドエンドインナーの状態、ボールジョイント部分のガタつき、取り付けの緩み
・タイロッドエンドアウターの状態、ボールジョイント部分のガタつき、取り付けの緩み
・ステアリングダンパーの状態、オイル漏れ、取り付け部分ブッシュの異常
タイヤ ・タイヤの状態、溝の深さ、変磨耗、異物の刺さり、空気圧
エンジンアンダー
エンジンアンダー ・ブレーキペダルの踏みしろ
・エンジンの状態
・ヘッドガスケット
・オイルパンガスケットなどからオイル漏れ
・クーラント漏れ
・エンジンマウントのつぶれ、切れ、硬化
・パワーステアリングポンプのオイル漏れ、取り付け不良
オートマチック
トランスミッション
・オイル漏れ
・マウントのつぶれ、切れ
・シフトリンケージブッシュの割れ、緩み
リヤ
ブレーキ ・サイドブレーキの踏みしろ
・ブレーキパイプの錆び、干渉
・ブレーキホースのひび割れ、硬化、干渉
・ブレーキローター、ドラムの歪み、磨耗
・ホイールシリンダーからのブレーキオイル漏れ、固着
・サイドブレーキの作動
・ブレーキシューの残量、割れ
・ライニングのはがれ
・フューエルフィルター、ホースの状態
・フューエルポンプの異音
・燃料タンクの取り付け状態
・エキゾストパイプ、マフラーの状態
リヤーアクスル ・コントロールアームUPボールジョイントのがたつき、ダストブーツの切れなど
・コントロールアームUPブッシュのひび割れ、磨耗
・コントーロルアームLOWボールジョイントのがたつき、ダストブーツの切れなど
・コントロールアームLOWブッシュのひび割れ、磨耗
・デフホーシングの状態、取り付け不良、曲がり、オイル漏れ
・アクスルシャフトの曲がり
サスペンション ・ショックアブソバーの状態、オイル漏れ、取り付け部分ブッシュの異常
・リーフスプリングの取り付け不良、曲がり、へたり
・サイレンサーパットの状態
ドライブトレイン ・プロペラシャフトクロスジョイントのガタつき、錆び
・プロペラシャフトバランサーウエイトの付き、曲がり
・センターサポートの切れ
・ベアリングの不具合
エンジンコンピュター
コンピュター診断 ・過去に起きたトラブルの確認
・現在起きているトラブルの発見
・これから起こり得るトラブルの予想
・エンジンデーターセンサー確認(水温、チャージ量、油圧など)
・イグニッションシステムの点検確認
・フューエルシステムの点検確認
・オートマッチクトランスミッションの状態
・ABS、SRS系統の点検確認
・オーディオ関連の点検確認
・PCMプログラミングバージョンの確認、プロフラミング作業
・現在セットされているトラブルコードのクリアーとリセット作業
エンジンルーム
エンジンルーム点検 ・エンジンオイルの質、量
・ATFの質、量
・パワーステアリングオイルの質、量
・ブレーキオイルの質、量
・エンジンオイル漏れ
・クーラント漏れ
エンジン補機類 ・エアーフィルターの汚れ
・オルタネーターの取り付け状態、発電量
・エアコンコンプレッサーの異音、ガス漏れ
・パワーステアリングポンプの取り付け状態、オイル漏れ
・ファンベルトの状態、伸び、磨耗、亀裂
・ファンベルトテンショナーの機能、取り付け状態、プーリーの異音
・ファンベルトアイドラプーリーの取り付け状態、ベアリングの異音
・ラジエーターUPホースの状態、硬化、切れ、漏れ
・ウオーターポンプからの異音
・クーラントの漏れ、量、濃度
・クーリングファンカップリングの動作状態
・ラジエーターの取り付け状態
・ファンシュラウウドの取り付け状態、割れ、ずれ
・バッテリーターミナルの緩み、電気配線、エンジンハーネスの状態

これだけ点検して、
8,400円(税込)

※当社HPにて事例紹介(顔出しOK、氏名(仮名))をご了承いただける方は、次回からお使いいただける2,000円のクーポン券を贈呈致します。

法定点検では足りない?

「法定点検はやった。でも、愛車の調子が悪い」
普段から乗り慣れている愛車だから分かる、「いつもと何かが違う」。

「この間、修理したばかりなのに、今度はこっちが…。」
直しても直しても、つぎづきとでてくる車の不調。
「悪い箇所によっては、買い替えた方がいいのかな。」

こんな思いを持ったことありませんか?
法定点検だけでは、完璧な点検といえないのです。

なぜでしょうか。

自動車点検基準の項目をよく見てみてください。
点検項目は全て「自動車が安全に走行するため」の項目で「自動車の調子の悪いところを探しだす」点検ではないのです。

法定点検 自動車点検基準表(自家用乗用自動車の場合)

項目 12ヶ月 24ヶ月
かじ取り装置
ハンドル 操作具合
ギヤ・ボックス 取付けの緩み
ロッド及びアーム類 1. 緩み、がた及び損傷
2. ボール・ジョイントの
ダスト・ブーツの亀裂及び損傷
かじ取り車輪 ホイール・アライメント
パワー・ステアリング装置 ベルトの緩み及び損傷 1.油漏れ及び油量
2.取付けの緩み
制動装置
ブレーキ・ペダル 1.遊び及び踏み込んだときの床板とのすき間
2. ブレーキの効き具合
駐車ブレーキ機構 1.引きしろ
2.ブレーキの効き具合
ホース及びパイプ 漏れ、損傷及び取付状態
マスタ・シリンダ、
ホイール・シリンダ及び
ディスク・キャリパ
液漏れ 機能、摩耗及び損傷
ブレーキ・ドラム及び
ブレーキ・シュー
1.ドラムとライニングとのすき間 ドラムの摩耗及び損傷
2.シューの摺動部分及びライニングの摩耗
ブレーキ・ディスク及びパッド 1.ディスクとパッドとのすき間 ディスクの摩耗及び損傷
2.パッドの摩耗
走行装置
ホイール 1.タイヤの状態 1.フロント・ホイール・ベアリングのがた
2.ホイール・ナット及びホイール・ボルトの緩み 2.リヤ・ホイール・ベアリングのがた
緩衝装置
取付部及び連結部 緩み、がた及び損傷
ショック・アブソーバ 油漏れ及び損傷
動力伝達装置
クラッチ ペダルの遊び及び切れたときの床板とのすき間
トランスミッション及び
トランスファ
油漏れ及び油量
プロペラ・シャフト及び
ドライブ・シャフト
連結部の緩み 自在継手部のダスト・ブーツの亀裂及び損傷
デファレンシャル 油漏れ及び油量
電気装置
点火装置 1.点火プラグの状態
2.点火時期
3.ディストリビューターのキャップの状態
バッテリ ターミナル部の接続状態
電気配線 接続部の緩み及び損傷
原動機
本体 1.排気の状態
2.エア・クリーナ・エレメントの状態
潤滑装置 油漏れ
燃料装置 燃料漏れ
冷却装置 1.ファン・ベルトの緩み及び損傷 燃料漏れ
2.水漏れ
ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置
ブローバー・ガス還元装置 1.メターリング・バルブの状態
2.配管の損傷
燃料蒸発ガス排出抑止装置 1.配管等の損傷
2.チャコール・キャニスタの詰まり及び損傷
3.チェック・バルブの機能
一酸化炭素等発散防止装置 1.触媒反応方式等排出ガス
減少装置の取付けの緩み及び損傷
2.二次空気供給装置の機能
3.排気ガス再循環装置の機能
4.減速時排気ガス減少装置の機能
5.配管の損傷及び取付状態
エグゾースト・パイプ及びマフラ
エグゾースト・パイプ及びマフラ 取付けの緩み及び損傷 マフラの機能
車枠及び車体
車枠及び車体 緩み及び損傷

法定点検とは?

車を買ったときに「諸費用」に含まれていたり、車検のときに行う「法定点検」(「定期点検」とも言われます)。法定点検とは、国土交通省が定めた点検基準表に沿って、12ヶ月に1度受けることが義務づけられている点検のことです。 では、法定点検にはどんな項目が含まれているのでしょうか? 自家用乗用自動車の場合、「自動車点検基準」で定められている項目は、12ヶ月点検が26項目、24ヶ月点検は56項目あります。 かなり細かな箇所まで点検しますが、点検項目は全て「自動車が安全に走行するため」の項目で「自動車の調子の悪いところを探しだす」点検ではないのです。

だから、「法定点検はやった。でも、愛車の調子が悪い」ということが起きるのです。

では、戸村ガレージの愛車点検の流れを見てみましょう。

愛車点検の流れ