修理事例・対応事例

修理事例・対応事例

修理事例 2004年、ダッジ、デュランゴ、リヤーエアコン

noimage
修理事例
車種2004年、ダッジ、デュランゴ、リヤーエアコン
依頼内容

エアコンが冷えない。
修理したのにすぐに冷えなくなってしまった。
症状は様々ですよね。

今日は
DODGE 2004 DURANGO 5.7L V8 Heat & Air Conditioning
ダッジ 2004年 デュランゴ ヒーターアンドエアーコンディショニング
の修理事例です。

1年前ほどにコンプレッサーから異音がして
交換、しばらくは良かったらしいのですが
少しづつ冷えなくなってきてしまいには
コンプレッサーも動かくなってしまった
と言う故障。

マニフォールドゲージを取り付け低圧側で
ガス充填量を見るとガスが入っている様子
がない。

真空引きはせずそのままフロンガスをチャージ
正常なシステムであればここでコンプレッサー
のマブネットクラッチはONになるのですが
反応なし。

エアコンのコントロールパネル故障?
サーキット不良?
プレッシャーセンサー不良?

いつもの手順にそって点検を行い
正常な事を確認。

こんな時はリサイクレーションプレッシャーセンサー
の所でカプラーを抜き配線を使いブリッジ。

クラッチはONになりガスを充電と思ったら
低圧側が下がっていかない。。。

この時点でコンプレツサーの故障と判断。
1年前に交換しガスもMAXなはずなのに
点検時はガスは全然入っていない、と言う事は
ガスが漏れているからですよね。

とにかくガス漏れ箇所を見つけなければ。

漏れ箇所はリヤー用エアコンシステムの
エクスパンションバルブからでした。

コンプレッサーASSYとエキパンを交換
システム内をクリーンし規定量のコンプレッサー
をオイルをコンデンサー、エバポレーター、
アキュムレーターに注入し真空引き。

ガスをMAX充填し修理完了

フロント側良し
リヤーエアコン….?
冷えがいまいちのようです。

リヤーも温かい空気と冷気をミックスする
エアーコンディショニングなのでブレンドドアー
の開閉が上手く作動していないのかアクチエーター
が動いていないのか調べなければいけません。

リヤーエアコンのアッセンブリハウジングは
一番後方の右側のパネルに中にあります。

パネルを外すと見えてくるアクチエーターを
ハウジングから外しコントロールパネル
でリヤーエアコンの送風温度ツマミを
動かします。

アクチエーターはツマミの動きに反応して
いましたがアクチエーターに動かされる
ブレンドドアーのシャフトが壊れて脱落
していました。

今までの経験でいけば部品はおそらく
ユニットアッセンブリ。

日本の部品屋さんは全て生産中止
ネット通販のお店でも生産中止か
取り寄せ不可能と返事が返ってきます。

参った、中古なんてないし。。。

アメリカの部品商に問い合わせをかけて
みるとなんて事はない直ぐに嬉しい返事
が部品図つきで返ってきました。

なんとASSY販売はなく個々に部品を
購入するようになっていたんです。

先入観って怖いですよね。

部品図に載っている番号を伝え注文
2週間ほどかかりましたが到着。

せっかく入れたガスをリサイクルボンベ
に抜き取りハイジングを分解しブレンド
ドアーを交換。

再びガスチャージを行い今度は
完璧。

パーツカタログpdf

parts_graphics_itemlist3619753398860567218

  • エアコンリヤーハウジングASSYは後方の右側、内張を外した中にあります。
  • 手に持っているのがブレンドドアーシャフト。シャフが破損し ドアーがハウジングの底に落ちてしまっています。