GMオートマ 4L60E 作業

2020年9月18日更新

シボレーのミッションオーバーホールが入庫してきて

2速-3速で滑る。

2速から3速にシフトアップするときにエンジン回転が

「ウィ~ン!!と上がってからストン!」と

シフトアップする。

通常だと3速クラッチや油圧漏れが原因なのでそのつもりで

4L60Eと呼ばれるGMのミッションを分解していくと

分解の最初のほうでクラッチではない原因を発見。

2-4サーボピストンOリングがピストンの溝から

外れて擦れて削れていたんです。まさしく原因がこれだと

ほっとしていたらまっさかのフォアードクラッチバッキング

プレート遊び不良も発見。ここ1年以内にOHされた

ミッションなのでクラッチプレートは新品。

でも他の消耗部品は見る限りでは使いまわしされた感じは

拭いきれない状態。

すべての消耗部品を交換し組んでいくと、フォアード

クラッチ3速の隙間が狭すぎ。

3速クラッチをみると確かに少々焼け気味。

隙間が広いのは過去にも多々あり調整してきましたが

狭いというのは初めて。

調整方法はわかるのですが調整に使うための

オプション部品がないのです。

そういえば売っているのもみたことがない。

追い詰められて寝ずに

から片っ端から調べあげたけどやっぱり薄いプレートは

売ってないんです、涙。

 

でっどうしたかと言うと

ガレージのある部品取りミッションをはじから分解して

プレートの厚みを測定して見つけたんです。

今までリビルドした古いプレートなどは捨てていたのですが

取っておくべきですね。

 

オートマオーバーホールの価格って色々ですよね。

素人さんにはブラックボックスですよ、ATオーバーホールに

従事していないメカニックさんもブラッボックスだと思います。

それゆえに、オーバーホール、リビルドしたと言っても

どこまでやってくれているかなんです。

戸村ガレージでは条件はありますが、保証は2年間

走行数はあまり気にしない保証期間を設けています。

すべてどんな作業も自社でやっていますから愛車の修理中

の様子を好きな時に見ることもできます。

いやぁ~修理って本当に面白いですね。

ガレージ非公開のインスタ密かにやってます。

作業のノウハウ、マニアルには書いていない

修理屋の「企業秘密」ってやつも載せてます。