Car Care Center TOMURA GARAGE- USABLE BIBLE -0から始める外車修理
  1. ホーム
  2. USABLE BIBLE
  3. 0から始める外車修理
  4. エミッションコントロール
  5. OBDIIってなんだあ〜?

OBDIIってなんだあ〜?

「OBD」「OBDII」いろいろ言われてますが、OBDってなんなの?今までと何処がどう違うの!!

米連邦規則コード(EPA/OBD)
カリフォルニア州規則コード(CARB/OBDII)

1994年及びそれ以後に生産される(LDV)ライトデューティービーグル
(LDT)ライトデューティートラックは使用期間を通して以下に示す各部
の能力低下及び以上、不作動を識別可能なOBD(オンボードダイアグノーシス)
の搭載をすること

まあ~解かりやすく言えば、公害を出すな!公害が出ないように作ってもセンサー類
が壊れれば公害が出るからイーッパイ付いているセンサーが壊れたら先ずエンジンチェック
ランプで知らせて壊れたセンサーも特定しろ!と言っているわけです。
これは1995年までの話しです。

1996年以降は上記に加えセンサー類の故障または不作動などECUに与えたプログラム
が適してない時はそれに適合させなければいけない。
つまりECUのプログラムを書き換えろと言っているわけだ!

低公害車(ローエミッションビーグル)LECV
OBDでのおもな監視条件
MILランプ(エンジンチェックランプ)
①触媒
②触媒(ヒーター付き)
③失火(ミスファイヤー)
④(EVAP)エバポエミッションシステム
これはガソリンタンク内に発生した蒸発ガスの事
キャップを開けるとプッシュー!!!って音するでしょ
⑤二次空供給装置(エアーポンプ)
⑥エアコン冷媒システム(「R-12」や「R-134」)
⑦フエールシステム
⑨EGR(エキゾウストガスリサイクル)
⑩その他

MILランプが点灯したらどうするか?
オンボードならびにオフボードの通信プロトコルとして
SAEJ1850(class B date commuication Network Interface)
を使用する事

つまり、OBDII規格にあった診断機を用いなさいと言う事
DTCを読み出すだけなら、それなりの診断機で十分ですね

その次の段階SPS (サービスプログラミングサービス)
これが出来ないと、どうしても直せない故障が出てきます。

エンジンキャブリエーション、メーカーサイトにアクセスし
VINコードを打ち込むとその車に施してあげなければ
いけない書き換え内容が表示されます。
虫目がねをクリックするとVINコードを打ち込み
打ち込んだ車のECU SPS (リプログラム内容)
が表示されます。
メインページの中の「766504」「569503」
これがブリチンないようです。

MILランプ点灯、ダイアグノーシス結果、センサー類を交換、MILランプ消去
後再度同じような内容でMILランプが点灯するならブリチンがあるかないか
確認が必要、あるようならSPSをしてあげないと一生消えません。

エンジンばかりではなく、オートマチックミッションにも影響が出てくるんです。
セキュリティーに関しても同じ事が言えます。

規格に沿った診断機にはアプリケーションソフトが添付しており
ソフトをPCにインストールします。アップデートは頻繁に行われ
ます。

ALDLビーグルコネクターから診断機にECUファイルダウンロード
させ、PCのSPSシステムにアップロードする。

アップロードしたファイルをPCのSPSにより新しいブリチンを施す
リプログラムされたファイルをPCから診断機に再度ダウンロードする
診断機にダウンロードされたリプログラムをALDLビーグルコネクター
よりECUにアップロードする。
これがSPS(サービスプログラミングシステム)の一連の流れです。


悲しいかな私達アウトサイドファクトリーは全て英語です。





Copyright © TOMURA GARAGE